モンゴル マンホールチルドレン職業支援施設(ミルクの雨)援助事業

(平成18年度 彩の国さいたま国際協力基金助成金助成対象事業)


 

<趣旨・目的>

モンゴルは首都ウランバートルで両親のいない、あるいは両親に捨てられた孤児たちを自立支援するために、日本より皮生地を寄付し技術指導をする。

<平成19年度の成果と報告>

モンゴルの職業訓練教室(ミルクの雨)で学んでいる7歳〜17歳までの子供達18名に、革細工・革製品を作る、または練習する際に必要な革生地を日本から持っていき、昨年に引き続き、基本的な技術指導をしました。また、製品カタログ作成をNGOスタッフと協議しました。市内のデパートやお土産物屋とも連携し、簡単な作業や製品を扱っていく形のベースをさらに充実させました。モンゴルサイドの皮革業者とも連携し、豚など除く、牛・馬・羊・ヤギなどの皮革原料のなめし過程を一部技術導入し、連携して皮革製品を作成するベースを作りました。また、現地のツアー会社とも連携し、日本からモンゴルに訪れるツーリストにも施設訪問ツアーを提案し、訪問していただく形も作りました。今回、新たに日本語クラスも増設し、日本語の習得を目指しています。岩塩の日本での販売も始まり、子ども達の新しい取り組みとして加わりました。子どもたち自ら宣伝スタッフとなり、モンゴルのPRを始めました。ウランバートルから北に車で5時間くらいの場所にあるダルハンに新たに始まったダルハンの家(音楽学校兼職業訓練施設)との連携も始まり、音楽芸能教室も充実してきました。今年の11月には、モンゴルの子どもたちによる日本でのチャリティーコンサートも予定しています。
依然として、地方から遊牧をしていた人達が様々な理由により、遊牧をやめ、仕事を求めてウランバートルに集まってきている状況です。モンゴルでは現在、いくつかの孤児院や貧困層のための一時収容施設はありますが、退所後、仕事もなく、自立できずにもとの生活に戻ってしまいます。青少年が自立するための職業訓練・産業振興が課題になっています。
今回、当初からこの教室に参加している子ども達の1期生の中からデザイナーが誕生しました。彼は、モンゴルでも本格的に仕事を始め、ミルクの雨の子ども達のデザイン指導にも協力してくれています。これからは、ますます、作り手の人材育成と技術導入が急務です。来年からはさらに、日本語教育も力を入れ、本格的な技術者の研修をモンゴルと日本で出来るシステムを大使館などとも連携し、進めていきます。

  

日本よりなめし皮の加工方法の技術者を派遣

  

マンホールで暮らしていた子供たちが手に職を付けるべく加工方法を学ぶ。さらに今年はデザイナーが誕生(黒ジャンパーの男性)。

  

製品として地元のショップやデパートで販売。岩塩なども日本で販売するルートができました。

 

<平成18年度の成果と報告>

[期間:平成18年8月23日〜8月28日]

昨年までは、ビルの一室を作業所として借用していた形から、今年からは本格的な活動拠点としてウランバートル市内の一軒やを確保し、活動拠点としました。モンゴルの職業訓練施設(ミルクの雨)で学んでいる7歳〜17歳までの子供達18名に、皮細工・革製品を作る、または練習する際に必要な皮生地を日本から持っていき、昨年に引き続き基本的な技術指導をしました。また、製品カタログ作成をNGOスタッフと協議しました。市内のデパートや空港お土産屋とも連携し、施設で作られた製品を扱ってもらうベースを作りました。また、現地のツアー会社とも連携し、日本からモンゴルに訪れる観光客にも施設訪問ツアーを提案し、訪問できるような体制をお願いしました。現在は地方から遊牧をしていた人たちが様々な理由により、遊牧をやめ仕事をもとめてウランバートルに集まってきている状況です。モンゴルでは現在、いくつかの孤児院や貧困層のための一次収容施設はありますが、退所後、仕事もなく自立できずにもとの生活に戻ってしまうのが現状です。青少年が自立するための職業訓練・産業振興が課題になっています。

モンゴルでは皮製品の原料生地は豊富にありますが、最終的になめした皮生地の生産は自国ではおこなっておらず、逆に輸入しています。そのため、とても高価でありかつ粗悪なものが多いのが現状です。皮の種類も牛が主で、皮が硬く加工が難しい状況です。また、革製品を作って輸出する技術もほとんどありません。生皮輸出だけでなく、きちんとした革製品を自国で生産できる体制を作ることが必要です。そのためには作り手の人材育成と技術導入が急務です。来年からは日本語教育にも力をいれ、本格的な技術者の研修をモンゴルと日本でできるシステムを立ち上げていくことを目指しています。

 

職業訓練施設で学んでいる子供達

革製品の見本サンプル

 

革製品及びフェルト製品の作品

 

作業の模様

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system